そんな私にだって人間性はある。愛を歌う歌は理解出来ないが、だからといって愛を全く理解できないことはない。積極的に恋愛ドラマは見ないが、恋愛を主としないドラマやアニメにもその要素はある。それを見て人並みの感情は沸くし、役者達の演技に過ぎないとか、アニメのキャラクターで現実のことではないなどとは思わない。日常でも異性に好意を持つことはある。

高齢の母親の面倒を見ているが、これも私に愛情がなければしないことだろう。それも私の仕送りを散財した母親で、介護が必要になり施設に入れるとなったら、そのお金も自腹で払わなければならない状況だ。それでも母親は心情的に切りづらく背負うことにしたのだ。

年金をきちんと払わず貯金もしなかった母親だが、彼女にはサイコパス傾向は見られない。母親は典型的な不注意型ADDだと思う。金銭管理だけでなく冷蔵庫の食材管理もできない。同じ食材がぎっしりつまり奥の方で何かが腐っていることはしょっちゅうだった。家も無駄なものがあふれ雑然としていた。私は母親ほど無頓着ではないが、私の不注意型ADD傾向は母親の遺伝だと思う。

ただ母親には子供に対する愛情は明確に見て取れる。私達子供の写真を撮りためており、時折私達の子供時代の写真を取り出して見ていたり、それを楽しそうに話したりもする。ただ刹那的で将来の計画を練るようなことができないのだ。母親の母親は50代で亡くなり、姉も60歳で亡くなっている。だから自分もそれくらいで死ぬものだと思っていて、年金で生きながらえることはないと思っていたのも無計画の原因だ。

「平気でうそをつく人たち」の著者は刑務所にいる犯罪者の治療も長年してきたらしいが、彼らを邪悪と意識したことはほとんどないという。彼らは場当たり的に罪を犯し、心配や不安の欠如はある種の無邪気さだという。私の母親は犯罪者にはならなかったが、そういった刹那的な無邪気さがある。そこに愛嬌や人間味を感じるから情が湧き見捨てることはできないのだが。

私と似たようなサイコパス傾向がある妹にも人間性は見られる。母親が脳梗塞を起こし入院した時、妹に電話し伝えると、消え入りそうな声で返事をし、仕事を切り上げて遠方から見舞いに来た。ろくに言葉を発せない母親を見て、青ざめ明らかにショックを受けていた。その後も回復するまでよく見舞いに来ていたし心配している様子だった。

母の日に毎年花を贈るし、ペットを飼って可愛がるところもある。音楽も聴くしカラオケも行くので、私のように歌の歌詞がわからないから不快になるといったこともなさそうだ。また私と違って学生時代からの友達との付き合いも続いているようだし、なんでも話せる気の合う友達がいると話していたこともある。この辺は広く浅い付き合いをする私とは対象的だ。

父親の親族も今になってみれば人間性は見てとれる。数年前にひさびさに会った父親の妹は子供の仕事のことを心配する話をしていた。父親の姉の1人は旦那の収入が少ない頃、働いて家庭を支え、私が子供の頃、金銭支援もしていた。別の姉は時折手紙を送ってきていて、その内容も人としての感情が見て取れる内容だった。そして父親以外全員、老後自活していることから、子供の人生を考える責任感もあるはずだ。

こうやって親族にも人間性がある事を確認すると、父親の異質性は際立つのである。テレビはニュース、自然番組、アクション映画などは見るが、人の感情にうったえるような番組を見ているのを見たことがない。本も仕事で必要な実用書は読むが、小説や漫画などは一切読まないし嫌いだと言っている。音楽番組を見ることはあるが、やはり歌が入らなものを好む。父親は演歌世代だが演歌も嫌いだと言っている。さらに仕事仲間に誘われたら飲み会に行く程度で、プライベートでは友達らしい友達は一人もいない。もちろんペットにも関心を示さない。

母親が脳梗塞で入院したことを父親に電話で伝えた時もおかしかった。「ほほーう」とすっとんきょうな半笑いの声で反応したのだ。なぜこんな反応なのかと唖然としたが、すぐに病院には来た。口も聞けない母親を見た時は黙って見ていたが、ショックを受けているというより、ただ傍観しているだけに見えた。妹のように明らかに見て取れるような人間的感情を読み取ることはできなかったのだ。

その後も週末には単身赴任先から見舞いには来ていたので、やはり母親に感情はあり、突然のことだったので動揺し反応がおかしかったのだろうと、その時は思った。しかし、これは先述したとおり正しい人間のように振る舞うための虚偽だろう。

やはり親族の中でも父親は突出して異常である。メンツを守るために人間らしい振る舞いをしているだけで、本当に人間らしい心がどの程度あるのか疑わしく思えてくる。父親は私達とは比較にならないほど共感力が低いのだろう。

>>つづく