人並みの共感力と道徳心を持つ人間からすれば、なぜサイコパスのような人間が生まれてくるのか、進化の過程で淘汰されずに生き残ってきたのか不思議に思うかもしれない。

中野信子氏の著書サイコパスではこのような仮説が述べられている。食糧が豊富な環境では、それほど子供に対する養育にコストをかけなくても子供は育っていく。パートナーや子供に対する愛情や責任感が薄いサイコパスも、あまり反社会的とはみなされない。むしろ複数の異性と交わり、他人を陥れることを厭わない好戦的な性格の方が子孫を残し繁殖できる。という仮説である。

実際に現存する先住民族にもそのような傾向が見られるらしい。アマゾンのムンドゥルク族の大人たちは乳離れした子供の世話をほとんどしないという。それでも子供は自立していけるのは、食料、その他の資源が豊富な環境だからだという。また彼らの社会は競争的であるという。

ブラジルからベネズエラにある食料環境の良い地域に住むヤノマミ族にも同様の傾向があるという。好戦的な民族で殺人をすることで集団内の地位が上がるらしい。また複数の異性と子供を作ることも当たり前で、生まれた子供を育てるか殺すかは母親の判断に委ねられ誰も介入しないという。(ネットで調べると村長のような存在が生かすか殺すか決めるという話もある)そして殺すと決めた場合、赤ん坊を蟻塚に放置しシロアリに食べさせてしまうらしい。

逆に南アフリカの食料環境に乏しい地域に住むクン族は、協力しないと生きていけないため協調的な民族だという。共同で狩りに行き成果は平等に分けられ、一夫一婦制で子供の面倒は一族で面倒を見るという。

しかし、私はこの食料環境とひもづける説にあまりしっくりこない。サイコパスも多様であり、利己的ではあるが自己の利益のためにではあるが協調性や勤勉さを持ち合わせている者もいる。また、食料環境が厳しい中で自己中心的な人間が生き延びることもあるだろう。

そこで日本の江戸時代の環境や私の祖先のことも含めて考えてみたい。

>>つづく