自営業の場合、国民年金を自分で支払う形になります。また満額払っても6万以下です。夫婦で12万ほど。これだけでは生活できません。夫婦二人なら25万くらいは必要です。

でもまだ払っているなら少しはマシです。問題は全く払っていないケースがあるということ。老後の世話は子供になればいいと当たり前のように考えている親は、国民年金を支払わないという選択を取りかねません。恐ろしいことですが現実に起きることです。

親が老後どれくらい年金がもらえるかは、はやいうちに確認しておいたほうがいいと思います。60過ぎて年金全く払ってなかったらゲームオーバーです。あなたの親は無年金で老後を過ごすことになります。

あなたが取りうる選択肢は、あなたが結婚をあきらめ、自分の老後生活が破綻するリスクを背負って両親の面倒を見る。もしくは親に生活保護を受けさせるのどちらかしかないと思います。

子供に老後の面倒をみてもらうのが当たり前だと思っている親は、生活保護を受けさせようとすると拒否するでしょう。育てた恩を忘れたのかと揉めることになるでしょう。しかし、そこで折れてはなりません。あなたの未来がかかっています。どうしても家族の話し合いで決着がつかなさそうなら、家庭裁判所や弁護士と相談するしかないでしょう。