2015年08月

無年金で老後を迎え「見通しが甘かった」で済ませるような親は子供の人生をきちんと考えてこなかった証拠です。自営業だったから、夫婦仲が悪かったから、そういうのは表面的な理由に過ぎません。子供が成人してから今まで何年あったか。その間にいくらでも考える時間、老後自活できるように準備する時間はあったはずです。それをあえてしなかったのは、子供の未来を考えなかった、もしくは考えようしたが面倒くさいという感情が上回ったということです。

無年金の親は本当に子供を愛しているでしょうか?

無年金の親がいる。自分の生活のことを考えたら、生活保護を受けさせたい。でも育ててくれた恩もあるし情もある。しかし払えるお金があったにも関わらず、なぜ年金を払わなかったのでしょう。そこをもっと掘り下げて考えると見えてくるものがあると思います。

まともな親は子どもの幸せを願うものです。子供が成人になり家を出て巣立っていったら、子供が結婚して家庭を持つこともあるだろうことも考えるのです。そして自分たちが年老いて働けなくなったとき、子供の結婚生活を壊さないためにも、老後自活できるように年金を払い貯金をするのです。

年金を払うお金、貯金を貯めるお金があったにも関わらず、無年金、無貯金で老後を迎える親は、子供の未来のことを考えない親なのです。

無年金の親の相談から垣間見える異常な価値観


あなたの親が無年金、無貯金、もしくは老後自活できるだけの十分な資金がなく、育てた恩を盾に面倒を見て欲しいと言ってきたら。そんな親の面倒を見るのは大変だけど、罪悪感から見捨てるわけにはいかない。そう思う人も多いでしょう。今この記事を読んでいるあなたがまさにそうなのかもしれない。しかし多額の仕送りや同居を決断する前に読んでもらいたい話があります。

無年金のため義息子に家を追い出されます - 家計の相談・家計診断 | 教えて!goo

読んでいて無年金で老後を迎える親の考えの異常さを垣間見ることができます。引用を交えて見ていきたいと思います。

相談者の状況



  • 相談者61歳(男)。現在の収入月15万で無年金

  • 相談者の嫁61歳。病気を患っていて無職で無年金


相談者が同居させてもらっている娘夫婦

  • 娘さん。30歳

  • 婿さん。31歳。会社員、月給は25〜30万

  • お孫さん。1歳


以降、この相談者を無年金親父と呼びます。娘夫婦との同居のきっかけは無年金親父の嫁が病気を患ったこと、無年金親父の収入では面倒見切れなくなったことが原因のようです。

娘夫婦はマイホームの購入を計画しており、婿さんが無年金親父との別居を望んでいるそうです。無年金親父の病気の嫁は、婿夫婦が今後も面倒を見るそうです。そして無年金親父は「私は追い出されそうとしている。なんとか同居し続けたい」と相談しているわけです。

無年金親父は経済的困窮のために年金を払わなかったわけではなさそうです。本人が言っているように見通しが甘かっただけのようです。また本人は可能な限り働き続け、今までどおりいくらかお金を渡すつもりだと言っています。

しかし、無年金親父は近い将来無収入になるでしょう。介護が必要になるかもしれません。すでに娘夫婦は無年金、無収入の無年金親父の妻を支えています。このような親を1人抱えるだけでも大変です。近い将来それが2人になるリスクがある。娘夫婦が別居を考えるのは当然のことです。

回答者は誰も無年金親父に同情しない


さて、この無年金親父にどんな回答がついているかというと、生活保護を受けてでも1人で暮らすべきだいう意見が多数です。あなたを切ろうとしている娘さんは育てた恩知らずの親不孝者だと言う人は誰一人としていません。

いくつかの回答をピックアップしてみました。
あなたのような親でしたら、大多数の子供は親を見捨てた方が幸せになれます。断言できます。あなたが死ぬまで金銭的な負担がのしかかるから、自分か配偶者がものすごく稼ぎがよくないと共倒れになります。

病気の母親を引き取るって、娘さんも旦那さんも相当覚悟しています。貯金も年金もない大人2人を養うって、ごく普通の収入の家庭で支えられるわけがない。だから、病気で働けない母親はなんとか面倒をと思っても、働ける父親までは面倒看れないのです。しかも61歳。来年死ぬ可能性とあと20年ぐらいは生きる可能性、どっちが高いですか?

見捨てれば、幸せに過ごせると本当に思うか、実父を見捨てた後悔にさいなまれると思いませんか?って子供の教育費や、自分たちの老後を考えたら、考えなしの親を養いたいかどうか分かりませんか? 病気の母親は見捨てていないです。自分の食い扶持は自分で賄ってって、基本ですよね? この主張では、いなくなってほしい・・・レベルでは?

娘さんに同情すると共に、あなたみたいな親でなくて良かった・・・と思う人沢山いると思います。

無収入、無年金の親を抱えて生活していくことは大きなリスクがあります。まともな親なら子供が家庭を持った時のことも考え、自分たちが可能な限り自活できるようにきちんと年金を払い貯金をするのです。
子供を色々な所に連れて行ったってどの親でもやってる事です。そんな当たり前の事いちいち書かないし・・・他のご家庭は年金払ってるからどこにも旅行に連れていっていないと思ってたんですか?

遊びに行ったから年金が払えず、今苦しいのだから娘が面倒見て当然って事ですか・・・?
なぜ、こんなに娘さんに付きまとい食い尽くそうとなさるのでしょう・・・出て行って下さいって頭を下げられているのに。
私はあなたが娘さんの事を愛されてるように思えないです。

無年金親父は娘を色々な所へ連れて行った、温かい家庭で育ててあげた、それが誇りだと主張します。でも、だからこそたちが悪い。娘が罪悪感を抱いてしまう。しかし、育てた恩を盾にして、娘の結婚生活を犠牲にさせてまで面倒をみてもらうとする。そういう親だからこそ、年金を払わず貯金もしないのだと思いませんか?
私が娘さんならお父さんの事を尊敬出来ません。
貯蓄をしない、年金を払わない。自分の嫁すら幸せに出来ない。病気になっても嫁の介護さえ一人で出来ない。2人も世話になっていながら、たかが5万を渡しただけで生活を支えていると勘違いしている。

私にとって一番大事なのは子供、その次に大事なのは夫。次が母。次が父。
子供や夫の幸せを脅かすなら、自分の父であろうと刃向うし、もしあなたのようなタイプの人間なら確実に見捨てます。
後悔しないか?とんでもない、父をとって子供と夫を不幸にする方が何百倍も後悔しますよ。
子供に見捨てられるような事をしてる方が悪いのです。

母親っていうのは子供の幸せのためならなんでも出来るんです。それが親であろうと私なら切り捨てます。
私があなたの娘でなくて良かったですね。・・・私もあなたが父親だったらと思うとぞっとしますもの。

子供を育てて終わりではなく、老後の資金もきちんと作り、嫁が病気になったら自分で面倒を見る。嫁を施設に預けるにしても、自分の年金か貯金からです。これが一家の大黒柱としての責任をまっとうしたごく標準的な父親です。それを放棄した人間は父親失格、夫失格と言っていいでしょう。

こういう親に限って自分の親の面倒を見ていない



そしてきわめつけなのが無年金親父のこの台詞です。
父親を孤独死させたのことの後悔を娘にさせたくない・・・・

娘は、私を見捨てれば幸せに過ごせると本当に思いますか?実父を見捨てた後悔にさいなまれるとは思いませんか?

なんと無年金親父は自分の父親を孤独死させているんです。その上、娘に同じ後悔をさせたくないといって面倒を見てもらおうとしている。回答者の一人が書いているようにゾッとするな親ですね。

経済的によほど困窮していたわけでもないのに、年金を一切払わずに老後を迎える親は、まともではないということがよくわかる内容です。もしあなたの親が無年金やごくわずかな年金しかなく、育てた恩を盾に擦り寄ってきたら、子供の人生を考えない親だと思ってまず間違いないと思います。

無年金で老後を迎える親の異常さについては、こちらの連載記事もご参考ください。
>>無年金で老後迎えた親の本性

一見真面目に働いてきたのに無年金で老後を迎える親



無年金で老後を迎え子供に生活費をたかる親というと、定職にろくにつかず飲んだくれて過ごしてきたような人間を想像するかもしれません。もしくは経営破綻や、親の親の借金や無年金問題で、年金が払えなかったという場合も想像できるでしょう。

しかし、きちんと収入があるにも関わらず、自営業で国民年金を払ってなかったとか、母親が離婚後、非正規雇用で生計を立てていたが、国民年金を払ってこなかったといったケースもあります。

一見まともに見えてまともじゃない無年金親


こういう親は子供からすると一見まともな親のように見えます。真面目に働いているように見えるし、きちんと育てもらったし、生活に困窮することはなかったし、虐待を受けたわけでもない。大学にも進学させてもらった。だから育てた恩を盾に寄ってこられると、罪悪感から断りきれない。しかし、よほどのことがない限り、無年金、無貯金で老後を迎えることなんてありえないのです。

まともな親なら、自分たちが子供を育てるのにお金がかかったのと同じように、子供もまたお金がかかるだろうと考えるのです。だから重荷にならないように老後は自活できるように準備するのです。そして、子供の幸せを願いつつ、つつましく老後を過ごす。これがまともな親です。

無年金親が子供に生活費をたかる時の決まり文句は「苦労なく育ててやった恩を忘れたのか」です。しかし、あなたが苦労なく育ったの要因は「親がきちんと働いたこと」「親がきちんと育てたこと」の2つだけではないはずです。もう1つの重要な要因があるはずです。それは「親の親が年金や貯金で自活したこと」です。

親の義務は育てて終わりじゃなく、老後できるだけ自活して、子供の生活を壊さないようにするところまでです。自分の親がそうしてきたようにです。それをせずして子供にたかるなら、恩知らずの子供は無年金親の方です。実際、こういった親に限って自分の親の面倒を見ていなかったりします。

子供は親の年金ではない



子供には子供の人生があります。あなたも結婚して家庭を持って幸せに過ごしていく権利はあるのです。親がルーズなために年金を払わなかったケースはもちろん、経営破綻など止むに止まれぬ事情があったとしても、それはあくまで親の責任であなたが自分の人生を潰してまで背負う必要はありません。あなたが金銭面で迷惑をかけた結果、親が無年金になった場合は恩を返すべきだと思いますが・・・これを読んでいるあなたはそういう人ではないと思います。

親の義務は子供を育てるところまで、あとは子供が面倒を見るのが当たり前。そう思っている親は、子育てにかかる費用を老後のための投資だと思っているということです。つまり子供を年金だと思っているわけです。ゾッとするような考えです。

まともな親はこんなふうに考えません。子育ては子供に幸せになってほしいからするのです。金銭の見返りなど求めません。そして育てた恩を今度は自分の子供に返しなさいと言うでしょう。これがまともな親です。

払えるお金があったにも関わらず年金を払わない親は、子供の人生を真剣に考えていないと言っていいです。そんな親のためにあなたの人生を犠牲にする必要はあると思いますか?

こちらの連載記事もお読みください。
>>無年金で老後迎えた親の本性

両親が年老いてきて、そろそろ父親の定年が近い。うちの両親は仲が悪いけど一緒にやっていけるのだろうか?もしかして熟年離婚するかも?そういう不安がある両親がいる場合、早めに老後どうするつもりなのか聞いておいたほうが良いと思います。あなたの人生に大きな影響を及ぼす可能性があります。

母親を引き取らなければならないかもしれない



もし両親が定年を機会に離婚した場合、父親の方は会社員だったなら厚生年金で自活できるかもしれませんが、専業主婦など会社員でなかった母親は国民年金のみとなり自活できないかもしれません。そして面倒を見てほしいと相談を受けることもあるでしょう。

さらに国民年金は厚生年金と違って強制徴収されませんから、母親が払っていないことも可能性としてありえます。その場合、無年金で老後生活を迎えることになり、その生活を子供が支えるとなると大きな経済負担になります。

同居しないという選択肢



親を扶養する義務があると言いますが、法的な拘束力はそれほど強いものではありません。あくまで子供が生活の負担にならない範囲で面倒を見ればいいのです。だから自分が結婚もしたい、子育てもしたい、老後の費用も作りたい、だから親を扶養する余裕はないという主張は通ります。親が自活できないからといって必ずしも同居しなければいけないわけではありません。

生活保護を受けさせるという選択肢



とはいえ自活できない母親を餓死させるわけにはいかない、法的な拘束力がないとはいえ人道的にみて同居して生活費負担するしかないと思うかもしれません。しかし、母親に生活保護を受けさせるという手段があります。

仮に母親が役所に生活保護申請して、あなたに援助できないかという確認の連絡が来ても、自分一人やっていくので精一杯だからと言えば、役所も強くは同居や援助を要求することはありません。

ただ母親が生活保護申請する際に、門前払いを受けたりすることや、母親が生活保護は嫌だと拒む場合もあります。そういった場合は、弁護士と相談するのも良いと思います。

↑このページのトップヘ