無年金、無貯金という形で老後を迎えるのには色々な原因があると思います。もし、払えるお金があったのに払わず、子供に育てた恩を盾に金銭援助を迫るなら、それは子育てを老後のための投資と思っている親だからです。はっきりいってまともな感覚ではありません。

まともな親なら子育てに費やしたお金は、あくまで子供の将来のための投資です。そして自分たち同様、子どもたちも家庭を持って子供を持つことがあったら、同じようにお金がかかる。だから老後は自活できるようにしよう。子供の生活に迷惑がかからないようにしよう。そう思って年金を払い貯金をするのだと思います。

どこどこの人は年金や貯金ができたのは会社員だったから厚生年金に入って退職金もあるからだとか、そういうことではないはずです。老後自活できる資金があるかどうかは、それはどれだけ子供の未来を考えたか、子供への愛情の証なのだと思います。

※不況で借金を背負ったとか事情がある場合は別です。