カテゴリ: サイコパス分析

無年金で老後を迎えた父親。生活を立て直すために再び一緒に暮らし始めて5年。父親は子供の人生をろくに考えない人間だとわかった。そのことを前回の連載、無年金で老後迎えた親の本性で書いた。

本連載から読み始める人のためにも、前回の連載で書いた父親のことについて簡単にまとめておく。
  • 夫婦そろって無年金で老後を迎えた
  • 金銭感覚がない母親は年金を途中で払うのをやめていた
  • 夫婦仲が悪く長年ろくに話もしなかった
  • 救済のために私が一緒に暮らし立て直すことにした
  • 父親は単身赴任で働けば、まだ人並み以上の収入を得ることができた
  • 5年間で父親はある程度貯金ができた
  • 仕事も順調でまだ数年は仕事が続きそうだった
  • さらに国民年金の後納制度を利用して未払い期間分を払い納め、月5万の年金がもらえるようになった
  • 父親一人分の老後費用は何とかなりそうになった
  • しかし、余裕ができた途端、家を買いたいと言い出した
  • 私が家など買う余裕はない、貯めたお金は自分自身の老後資金にしてほしい、自活できる状態になったら自活して欲しいと言った
  • すると私のことを親不孝者のように言い自活すること拒んだ
  • その後のやり取りで、そもそも父親に老後は年金や貯金で自活し、嫁の面倒も自分で見ていくものという認識がなく、生活費含めて子供が面倒を見ることが当然だと思っていることがわかった
  • 最初から子供の人生を考えて人生設計していないことがわかった
父親の本性を知った後も疑問として残ったことは、なぜ不仲の母親と離婚しなかったのかということだ。私は高校卒業以来、両親と離れて暮らしており、母親が浪費家だという認識はなかった。無年金と発覚し、救済のために再び一緒に暮らしてわかったが、父親は母親の金遣いが荒いことを認識していた。わかっていたなら、なぜろくに話し合いをせず、稼いだお金を渡し続けたのか?

もしくは、なぜ離婚しなかったのか?父親は仕事はできる人間で、十分な稼ぎがあるのだから、浪費家の母親と離婚すれば老後破綻するようなことはなかったはずだ。自力で嫁の面倒を見るつもりもなく、子供の人生を考えないのなら、離婚して家族のことは投げてしまって、自分の稼ぎをすべて自分のものにしてしまえば良かったのだ。なぜそうしなかったのだろうか?

>>つづく

私が生活を立て直すために地元に戻り母親の面倒を見つつ、父親は単身赴任で働くこと5年。父親には貯金ができたが、家を買いたいと言い出した。私がそのお金は老後自活する資金にして欲しいと言うと、「そんな話はやめてくれ。頭が痛い」と言った。そうやって問題から逃げたからこうなったんだろう。なぜきちんと話し合わなかったんだと言うと「お母さんのことは投げた」とちゃぶ台を投げるポーズで言い放った。それは父親としての責任を投げたということじゃないか!とその時、私は腹が立ったのだが、そもそも投げると判断したのなら離婚すれば良かったのだ。父親が50歳くらいの頃には、もう夫婦仲は悪く投げた状態だったはずだ。

私含め子供も自立できる年齢になっていたし離婚にそれほど障害はなかったはずだ。そして自分の稼ぎは完全に自分のものとしてしまえば、父親の稼ぎなら日々悠々と暮らせただろうし、母親と違い倹約家の父親なら貯金も十分作れたはずだ。浪費家の母親と夫婦のまま居続けることは、老後破綻のリスクがあることも十分理解していたはずだ。にもかかわらず夫婦関係を続け、年金や貯金がいくらあるかを母親に確認もせず、「そろそろ後のことはよろしく頼む」と自分の面倒も含めて私に言ってくる始末だった。

そうではなくもっと前に「母親のことは頼んだ。俺は自分のことは自分でやっていくから」そう言って離婚すれば良かったのだ。もともと子供の人生など考えていないなら、私の負担など考えずに丸投げして自分は好きにすれば良かったのだ。父親はメンツを気にする人間なので、離婚して親族や周囲の人間の前でメンツがつぶれることを気にしたのだろうが、それにしても自分の老後生活が破綻するかもしれないリスクがあるなら、メンツよりも保身のために離婚しそうなものである。

この事はずっと疑問だったのだが、私が母親を引き取る形で父親と離婚させ半絶縁状態になってしばらくした時、たまたま目についた本があった。「平気でうそをつく人たち」という本である。
アメリカ人のこの本の著者は、精神科医として長年さまざまな人を診察する中で「邪悪としか言いようがない人たち」と出会ったと言う。そして、その邪悪な人たちを紹介、分析する内容になっている。著者は、こういった邪悪な人たちの子供はその邪悪性の犠牲者になりやすいと言う。そして次のような親が紹介されていた。 

平気でうそをつく人たちから引用する最初の話は、 盗んだ車で事故を起こし、著者が診察することになった15歳の少年の話である。この少年は仲の良かった兄が拳銃自殺をしたことをきっかけに、うつ状態になっていったらしい。少年は著者の質問に上の空で答える様子だったが、その中で父親がクリスマスプレゼントとして兄が自殺した拳銃を彼に渡していたことがわかる。

そして、著者は両親と面談する。拳銃は少年が欲しがったから渡したのですかと聞くと、父親は「あいつが何を欲しがっているかわかるわけがない。あの年頃の子供は拳銃を欲しがるものだし、良いプレゼントだと思った」と言うのだ。

兄が自殺に使った拳銃を渡したら、子供がどのような気持ちになるか考えなかったのですかと言及すると、母親は「こんなに深刻な問題だとは思わなかった」と言う。さらに父親は「うちには新しい銃を買う余裕なんて無い。だからありあわせのものを渡しただけだ。なぜ、そのことで責められなければならないのか」と全くピントのずれた反論をする。

兄が自殺した銃を渡すことは、弟の彼に同じように自殺しろと思わせるようなことだと著者が言うと、父親は「そんなことは一言も言っていない」「俺達はあんたたちみたいに教育を受けた人間じゃない。大学に入ってかっこいいものの考え方を習ったわけじゃない。そういうふうに考えろと言われても無理だ」と喧嘩腰に反論し、子供の治療について考えるよりも自己弁護に必死になるのだった。

著者はこの両親の元に置いておいたら、本当に少年は自殺してしまいかねないと感じた。そして少年が母親の妹には良い印象を持っていることを感じたので、その妹夫婦に預けることをこの両親に提案した。しかし、彼らは拒否する。身内の問題を家族以外の人間に話してほしくない、あなたは裁判官のように偉そうなことを言うと。

しかし、著者はひるまず、もし妹夫婦と連絡を取ることを許可しないなら、法的な手続きを取る必要がある。その時は本物の裁判官を相手にすることになりますよと言うと、母親は急に態度を変え「旦那は先生のような教育を受けた人間と話したことがなく、このような態度でごめんなさい」とあやまり、息子のことでできることなら何でもしますと、あっさり同意書にサインしたのだった。母親の妹夫婦は少年の病状をとても心配し、彼を預かることを快く受け入れた。その後、少年の症状は快方に向かったらしい。本書の話の中でまだ救いのあるケースである。 

この話を読んだ時、私の父親とこの父親は似ていると思った。無年金と発覚した時、老後はこれくらいの金額がかかる、どうするつもりなのかと私が言うと、「そりゃ電卓をはじいたらそうなる」「俺は日々働き詰めでそんなことを考えている暇はなかったんだ」「俺はカタワの技術者だから経理のことは苦手なんだ」と言い、まったく問題に向き合わず自己弁護に必死だった。カタワなどという今どき誰も使わないような差別用語を口にすることも異様なものを感じるが・・・

とはいえ、私の父親でも子供が自殺に使った拳銃を、もう一人の子供にプレゼントするようなことは、さすがにしないように思えた。この父親が自分で言うように、きちんとした教育を受けておらず、社会的地位が低いから常識的な感覚が欠落しているのではないかと思ったのだ。

しかし著者は読者がそう思うであろうことを、あらかじめ見通したかのようにこう書いていた。このような人間は、自分たちの身近にいる人間とは違った種類の人間だと思うかもしれない。しかし、精神科医ならほぼ毎月のようにこのような人間に出会う。いずれにせよ、クリスマス・プレゼントに自殺用の拳銃を子供に渡す親は多くはないだろうと。

そして「よりとらえどころのないケース」として、今度は社会的ステータスが高い邪悪な親を紹介しているのである。

次も15歳の少年の話である。優秀だったのにもかかわらず成績が下がり、その理由をはっきりさせるためにと、学校の指導教員のすすめで診察を受けに来た。これはアメリカの話で日本では成績が下がったことで精神科医を受けるというのは一般的ではないが、おそらく指導教員は何らかプライベートで問題を抱えていると思ったのだろう。

少年は身なりがよく上流家庭の育ちであるように見えたが、精神科医の著者を警戒しているようで、質問にぶっきらぼうに答え、積極的にコミュニケーションを取る様子はない。しかし、「もし妖精が現れて願いを叶えるなら何が良いか」という質問に対しては、「寄宿舎に入りたい」と答えたのだ。

普通、15歳の少年にこのような質問をしたら、プロ野球選手になりたいとか、宇宙飛行士になりたいといった非現実的な願いを口にしそうなものである。しかし、少年が極めて現実的な希望を口にしたことで、家にいたくない理由があるのではないかと著者は察したようだ。

そして少年の両親と面談する。少年の身なりから想像できたように、彼らも身なりがよく、話しぶりからも上品な人間に見えたらしい。著者の質問に対しても、先ほどの労働階級の父親のように喧嘩腰で食って掛かることもなく、話をよく聞き明瞭に答える。しかし、成績が下がった理由はわからないという。

少年が宿舎に入りたいと言っている話をすると、確かに宿舎学校に行きたいと言ったことがあり、その事について真剣に考えたという。でも子供は親元を離れて暮らすべきではない。子供はあたたかい家庭で暮らすのが一番だと思ったから、宿舎学校には行かせなかった。もし、先生が宿舎学校に行けば問題が解決するというのなら、もう一度考えても良いという。

一見、子供のことを心配しているように見え、何の問題もない両親に見えたが、著者は何か違和感を感じたらしい。そこで著者は宿舎学校に入れても問題が解決するかどうかは確信が持てない、思春期の子供の心理療法の専門家を紹介するから、その先生の元で心理テストを受けることをすすめた。

そうすると、彼らは戸惑いを見せ、著者がもう一度少年と二人で面談したいと言うと、何とか話を切り上げようとし面談させないようにしようとする。それでも著者は食い下がり何とか数分、少年ともう一度二人で話す機会を得た。少年に心理テストのようなものを受けることになるかもしれないが心配するようなことはない。たいていは面白がって受けるものだと伝える。少年も大丈夫ですと答えた。

その後、心理療法の先生に連絡を取ったが、少年は面談には来なかったという。著者も両親の様子から行かせないだろうことは想像していたようで、この件はこれで終わりだと思ったそうだ。この時はそれほど深刻な話のようには思えなかったのだろう。しかし半年後、少年の父親から「息子がとんでもないことをしでかした。数日中に学校の校長から先生に手紙が行く」と連絡を受けるのだった。 

校長から来た手紙の内容は、少年がクラスメートと共に学校内の部屋に押し入り窃盗事件を起こしたというものだった。本来なら退学処分にするところだが、彼は友人にも先生にも良い印象を持たれている。障害者向けのボランティア活動をしていて、その活動が認められニューヨークの障害者向けの会議に代表として選ばれた。そのような少年が、なぜ急にこんなことをしたのか診察して欲しいというものだった。

著者は再び少年と面談するが、前回同様、質問にぶっきらぼうに答えるだけである。そして、ボランティアの代表として行った会議はどうだったかと聞くと、行っていないと言うのだ。「部屋をきれいにしておかなかったから」という理由で両親が行かせてくれなかったのだと。

著者は、君が良いことをして自分の力で手に入れた勉強になる旅行だったのに、部屋をきれいにしておかなかったくらいで行かせてもらえないのは、理不尽なことだと思わないか、その腹いせに盗みに入ったのではないのかと聞く。しかし、少年はわかりません、父と母は悪くないですと答えるだけだった。

この時、少年は前回から別の学校へ転校していたが、宿舎学校ではなく今も両親と暮らしていた。手紙を送った人も転校先の学校の校長らしい。そして、著者が宿舎学校に今でも行きたいと思っているかと聞くと、今の学校がいい、残れるようにしてほしいと、そのことに関しては明確に意思を伝えた。校長の手紙に先生や友人と良好な関係であると書いてあったのは、そのとおりだったのだろう。

そして、著者は両親と再び面談する。両親は息子のことをひどく心配しているように話し、先生のすすめどおり心理療法の先生のところへ連れて行っておけばよかったと後悔の念を述べもする。著者がなぜ連れて行かなかったのかを聞くと、息子があまり乗り気でないように見えた、成績が悪いところに心理テストのようなものを受けさせるのは自尊心を傷つけるのではないかと思ったと、最もらしい理由を述べる。

少年がなぜ盗みに入ったと思うかを聞くと、理由は全く検討がつかないと言う。著者が盗みは多くの場合、怒りの行動である、少年が腹を立てるようなやりとりがなかったかを聞くも、見当がつかないという。 ボランティア活動の代表として会議へ行くことをやめさせたことについて問うと、「行ってはいけないと言った時、怒っているように見えなかった」と言う。著者はそのようなことが彼を怒らせることにならないと気づきませんでしたかと問うと、「私たちは心理学者じゃないからわからない」と言う。 とぼけているのではなく、本当にわからない様子なのだ。さらに「正しいと思ったことをしただけだ」と。

その「正しいと思ったこと」について聞くと、少年が答えたように「部屋をきれいにしておかなかったからだ」と言う。自分の家をきちんとできない人間は行く資格はないのだと。子供が自分の努力で手に入れた教育旅行に行かせない理由として、それは適切な理由には思えないという問いに母親は「知的障害児と関わることが良いことかどうか確信が持てない」と言い出すのだ。

著者は最初の面談から違和感を感じたらしいが、私もこのあたりから彼らは道徳心の欠落と強い偏見を持っている人間だと感じた。思い返せば最初の面談で心理療法の先生を紹介した時、この父親は「それはユダヤ人の名前ですな」と言う場面もあったのだった。このような道徳基準のずれ、道徳よりも部屋の整理を重んじたり、強い偏見を持つ傾向は私の父親にも見られるものである。

著者はもう一度、前回紹介した心理療法の先生の診察を受けたほうが良いとすすめる。さらにこの問題を解決するために「あなた方も治療を受けることをおすすめする」と言ったのである。子供の気持ちになって考えるところがないと見受けられるからだと。そうすると、父親は面白い話ですなと一笑し、私達は社会的にかなり成功した方で、妻は地域活動のリーダーもやっている。もう一人の子供の方は特に問題なくやっている。そんな我々がなぜ精神的に病んでいると考えるのかと、あくまで怒りを露わにはせずに冷静な口調で反論する。

著者はあなたたちは息子さんの希望をことごとく拒否し続けた、しかも直近のものは社会活動を認められての旅行だった。それが息子さんにどういう影響を与えるかを考えもしない。息子さんを意識的に傷つけようとしているのではないかもしれないが、無意識では憎しみの感情を持っているように見えると、彼らに言う。

これに対し父親は、先生から見れば息子の悪事にわれわれに責任があるというのもわかる。しかし、私たちは息子には最高の教育を受けさせ、安定した家庭を与えるために汗水流して働いているのだと反論する。さらに母親は、私の叔父はアルコール中毒であり、息子の問題はその叔父から引き継いだ遺伝的欠陥による可能性はないか、私達がどう扱おうと息子は悪いことをするのではないかとまで言い放つのだった。

その後の著者の話にも、彼らは自分たちの非は一切認めず、心理療法の先生との面談を避けようとする。あげく息子は遺伝的欠陥により治療不能であるかのようにまで言う。そのような態度に著者は恐怖を感じたらしい。それでも著者は冷静に努め、彼の問題は遺伝的なものや治療不能なものではない。あなた達が息子さんへの対応を変えることで治療可能だと説得するが、聞き入れることはなく仕事があると話を切り上げてしまうのだった。

私は遺伝子に関する本を読んで遺伝子が人の行動に影響を与える大きさを人並み以上に信じている方だと思うが、それでもこの少年が窃盗行為をしたのは、遺伝的原因であるはずはないと思う。ボランティア活動を通じて行くはずだった会議を、たかが部屋の掃除ができていないことで行くことを許されなかった怒りによるもののはずだ。

↑このページのトップヘ