タグ:自営業

父親が会社員、母親が専業主婦というパターンがほとんどだと思いますが、父親が自営業を営んでいる場合もあります。もしあなたの父親がそうなら、老後の年金や貯蓄で自活できるかどうか探っておいた方がいいと思います。

会社員と自営業では年金受給額に大きな差がある



年金、一体いくらもらえる?平均受給額 [年金] All About

ここに平均的な年金受給額が書かれています。父親が会社員、母親が専業主婦なら、男性の厚生年金額+女性の国民年金額が老後の夫婦の年金受給額でしょう。

男性の厚生年金額は166,000円、女性の国民年金は51,000円となっていて、だいたい夫婦の平均年金額は20万くらいだということです。これに会社員だと退職金もありますから、その退職金や貯金を崩しながら生活にしているのがほとんどの老後夫婦の過ごし方だと思います。

自営業の場合、父親、母親共に国民年金ですから、男性の国民年金額+女性の国民年金額が老後の夫婦の年金受給額になります。国民年金の場合、男性も女性も大差なく、男性の方が58,000円です。合計して11万ほどです。

これだけでは食べていけませんから貯金か積立をきちんとしていないと子供に頼ることになります。

国民年金は任意加入という罠



恐ろしいのは国民年金は「払わない」という選択肢もできるということです。今は取り立てが厳しくなりましたが、少し前までは国民年金を払わなくても特に役所から直接追求されることはありませんでした。

金銭感覚がルーズな両親が自営業を営んでいる場合、年金を払っていないということがありえます。そうすると無年金で老後を迎えることになり、その生活を子供であるあなたが支えるとなると大変なことになります。あなたの人生設計が破綻しかねません。

あなたの両親が自営業ならきちんと年金を払っているか確認しましょう。また国民年金だけでは生活できませんから、きちんと貯蓄や積立をしているか、自活できそうか、できないならどれくらい援助が必要かを、調べておく必要があります。

そしてもし親が無年金や低年金で老後を迎えそうだとわかったら、生活保護を受けさせることも含めて考えなければなりません。

自営業の場合、国民年金を自分で支払う形になります。また満額払っても6万以下です。夫婦で12万ほど。これだけでは生活できません。夫婦二人なら25万くらいは必要です。

でもまだ払っているなら少しはマシです。問題は全く払っていないケースがあるということ。老後の世話は子供になればいいと当たり前のように考えている親は、国民年金を支払わないという選択を取りかねません。恐ろしいことですが現実に起きることです。

親が老後どれくらい年金がもらえるかは、はやいうちに確認しておいたほうがいいと思います。60過ぎて年金全く払ってなかったらゲームオーバーです。あなたの親は無年金で老後を過ごすことになります。

あなたが取りうる選択肢は、あなたが結婚をあきらめ、自分の老後生活が破綻するリスクを背負って両親の面倒を見る。もしくは親に生活保護を受けさせるのどちらかしかないと思います。

子供に老後の面倒をみてもらうのが当たり前だと思っている親は、生活保護を受けさせようとすると拒否するでしょう。育てた恩を忘れたのかと揉めることになるでしょう。しかし、そこで折れてはなりません。あなたの未来がかかっています。どうしても家族の話し合いで決着がつかなさそうなら、家庭裁判所や弁護士と相談するしかないでしょう。

↑このページのトップヘ