無年金の親がいる。自分の生活のことを考えたら、生活保護を受けさせたい。でも育ててくれた恩もあるし情もある。しかし払えるお金があったにも関わらず、なぜ年金を払わなかったのでしょう。そこをもっと掘り下げて考えると見えてくるものがあると思います。

まともな親は子どもの幸せを願うものです。子供が成人になり家を出て巣立っていったら、子供が結婚して家庭を持つこともあるだろうことも考えるのです。そして自分たちが年老いて働けなくなったとき、子供の結婚生活を壊さないためにも、老後自活できるように年金を払い貯金をするのです。

年金を払うお金、貯金を貯めるお金があったにも関わらず、無年金、無貯金で老後を迎える親は、子供の未来のことを考えない親なのです。